経営方針・事業計画

経営方針

  1. 利用者個人の人格と尊厳を守り、意思決定支援を第一に掲げるとともに、地域社会への貢献に力を入れ、地域に根ざした施設としての役割を担い推進します。
  2. 利用者の高齢化に対応していくための支援を確立するとともに、施設入所と日中活動を一体的にサービスが提供できる人材の育成に取り組みます。
  3. 地域や各関係機関と連携し、在宅で生活している障害のある方がより利用しやすい環境を整え、日中一時支援と短期入所支援の充実を図ります。
  4. 地域の低所得世帯のために、跡江の杜はんぴどんと協働して、みやざき安心セーフティーネット事業に取り組みます。
  5. 障害のある地域生活者等との情報共有を図るため、各相談支援事業所との相互連携を密にとり、より本人とご家族が望む支援サービスが実現できるよう努めます。

重点事項

  1. 人権尊重と虐待防止の徹底
    利用者の人格と人権を尊重した支援サービスの構築を図り、虐待に対する意識をさらに深めるための取り組みを強化します。また、定期的に虐待防止委員会を開催し、虐待防止の徹底を図ります。
  2. 相談支援事業所との連携・個別支援計画書の充実
    各相談支援事業所との情報共有に努め、計画相談と個別支援計画作成のための連携を図り、利用者一人ひとりの意思と課題、ニーズに応じた個別支援計画を策定します。
  3. 施設運営の透明化と広報活動の推進
    ホームページを活用し、社会福祉法人の財務状況及び施設運営全般に関する情報の公開と施設支援サービスや行事、レクリエーション等の広報活動に努めます。
  4. 人材育成と接遇マナーの徹底
    階層別研修や専門研修等の外部研修へ積極的に参加し、知識豊富で自主性・判断力を有する人材の育成に努めます。また、利用者や家族、来所者等に対する接遇マナーの徹底を図ります。
  5. 健康及び栄養管理の徹底
    衛生管理を徹底し、ノロウイルスやインフルエンザ等の感染症の予防と拡大防止に努めます。また、栄養ケア計画の進捗状況をモニタリングで把握するとともに、嘱託医、協力医、看護師、管理栄養士、担当支援員が連携を図り健康管理及び栄養管理の徹底を図ります。
  6. 事故防止と防災対策の徹底
    利用者への事故防止の意識を高めるため、研修会や事故報告書等の事例検証を密に行い事故防止の徹底に努めます。また、火災・地震等の非常事態に備えた防災訓練等を計画的に実施し、防災体制の強化を図りながら地域防災組織との連携にも努めます。
  7. 地域社会との共生の実現
    やまびこの里地域運営協議会を開催し、広く地域の方々との交流・親睦を深め情報交換を図りながら、地域との結びつきを深め、やまびこの里が地域に根ざし、地域社会と共に生き、親しまれる施設づくりを目指します。
  8. 住環境の整備と生活の質の向上
    高齢や重度化に伴い、変化していく利用者のニーズに適応した住環境の整備を図り、より安全で安心して暮らしていくための生活支援の向上に取り組みます。
  9. 合同委員会と中・長期計画推進委員会の推進
    合同委員会と中・長期計画推進会議が連携し、組織としての経営状況を把握していくともに、法人としての課題解決に前向きに取り組みます。

事業計画

1. 人権尊重と利用者の意思決定支援の充実

  1. 利用者一人ひとりの人権を尊重し、常に利用者の立場に立った支援サービスに努めます。
  2. モニタリングを実施し、総合的な支援サービスの実施状況について見直しを行い、個別支援計画に沿った支援サービスを行います。
  3. 日中活動においては、個別支援計画書を基に「ゆとり」、「個性」、「自主性」を尊重し、高齢者、病弱者等の支援も視野に入れ利用者のニーズに応じた支援計画を作成し、利用者の主体性が向上するような支援に努めます。

2. 利用者への虐待防止の徹底

  1. 法人「虐待防止対応規程」に基づき、やまびこの里虐待防止委員会を開催します。また、職員向けの人権チェックリスト、虐待防止チェックリスト等を定期的に実施し、虐待防止のための啓発活動を推進します。
  2. 職員会議や職員研修等において、虐待防止に関する研修や事例検討会を実施し、虐待に対する意識改革を行い、全職員で虐待防止に取り組みます。

3. 支援サービスの向上とホームページを活用した施設運営の透明化

  1. 利用者、家族等からの相談(意見・要望、苦情等)には苦情受付担当者、苦情解決責任者が責任を持って対応し、第三者委員と連携を図り利用者サービスの質の向上に努めます。
  2. 年2回第三者委員会を開催し、利用者、家族等から相談のあった内容や処理経過等の報告を行い、苦情等の軽減に努めます。
  3. ホームページを活用し、社会福祉法人の財務状況及び施設運営全般に関する情報の公開と施設支援サービスや行事、レクリエーション等の広報活動に努めます。
  4. 利用者、ご家族等からの苦情、要望や法人の決算報告書等は、法人4事業所合同で年3回発行する広報「やまびこ」やホームページに掲載し、情報公開、施設運営の透明化に努めます。

4. 人材育成の推進と接遇マナーの徹底

  1. 利用者一人ひとりのニーズや課題を十分に把握し、適切な支援のできる人材の育成に努めます。
  2. 強度行動障害者への支援の充実を図るため、専門の養成者研修を早急に受講し、対象となる利用者への支援強化を図ります。
  3. 外部研修への積極的な参加や施設内での外部講師招聘研修等の充実を図り、専門性を兼ね備え、さらに高齢化する利用者へ柔軟に対応できる福祉人材の育成に努めます。
  4. 自己啓発の推進を図るため、各種研修会やセミナー等の開催案内の掲示、回覧を行い、専門職としての自覚を高め、資格取得や自己研鑚を推進します。
  5. 利用者、家族等への接遇マナーの徹底を図るため、随時各種会議や研修会等で確認を行います。

5. 健康、衛生、栄養管理の充実

  1. 感染症等に対する認識を高め、利用者の健康、衛生面に留意し、毎日の健康管理を行うとともに、利用者の体力維持、増進に努めます。
  2. 医療機関との連携を図り、突発的な病気や怪我等に即応できる支援環境を整備します。
  3. 定期健診や生活習慣病予防健診等を実施し、疾病の予防、早期発見に努めます。
  4. 咀嚼、嚥下機能低下予防のための口腔ケアや身体機能低下防止のためのリハビリテーション等を実施し、高齢化対策としての支援に積極的に取り組みます。
  5. 管理栄養士による栄養ケア計画の作成、見直しを継続して行い、看護師、生活支援員と連携して栄養、食事、健康管理に努めます。
  6. 利用者の健康や嗜好に配慮した食事の提供と四季折々の行事食を取り入れ、季節感あふれる食事づくりに努めます。

6. 事故・防災対策の徹底と住環境の整備

  1. 事故報告やヒヤリハット等の事例を一つひとつ、係会や安全サービス委員会等で検討し、利用者の事故防止と安全対策の徹底に努めます。
  2. 利用者が安全で安心できる生活を確保するため、施設内外の安全点検と補修、改善を随時行います。
  3. 砂災害警戒区域指定(予定)に伴い、有事(自然災害、人的災害等)に備えた避難訓練を計画的に実施し、地域住民や関係機関との連携強化を図ります。
  4. 利用者のニーズに応じて必要な箇所の補修、修繕整備を行い、快適に生活できる環境を提供します。
園だより
求人情報
お気軽にご連絡ください 0985-47-2220 月曜日~金曜日 / 8時30分~17時15分

〒880-2101 宮崎県宮崎市大字跡江字井尻4540番地 FAX.0985-47-6077

お気軽にご連絡ください
0985-47-2220
月曜日~金曜日 / 8時30分~17時15分

このページの先頭へ